Community 4 Children:地域は子どものために

グローバル化を迎えた世界の各地で、家族や地域社会の崩壊によって、人と人の関係が稀薄になる危機的な状況に私たちは直面しています。中でも子どもたちを取り巻く状況は厳しく、放任、過保護、ネグレクト、いじめ、貧困などによって、就学などの基本的人権を守ることができない者たちもいます。 

もはや子ども個人や家族だけの問題ではありません。これからの世界を担う子どもたちには、様々な人々が協力して成長を支えるコミュニティが必要です。特に、アジアの国々や被災した地域において、子どもたちへの支援は物資を与えることに偏りがちです。個人に対する経済的、精神的支援も必要でしょう。しかし子どもは、コミュニティのなかにあってこそ、大人として、次世代のリーダーとして育つことができるのです。早急なコミュニティの再生、または新たな絆づくりが求められています。

子どもたちが、

Motivate  :自発性を持てるよう

Care       :見守り、ケアし

Create   :彼らの創造性を高め

Cultivate 自らを高め磨く力をつけることができるような

“コミュニティ作り”を支援します。

 

Children 4 Community:子どもは地域のために

私たちは、子どもが潜在能力を持つ存在であると信じます。適切な支援、そして愛情があれば、子どもたちは自分自身を開発させるだけでなく、家族や社会を変えていけると考えています。

子どもは宝です。その宝は地域という畑で育まれ磨かれて光を放ち、家族だけでなく地域という、より大きな社会が行くべき道筋を照らしてくれます。子どもとその家族や地域の人々を支援し、子どもたちが元気に育つことによって、将来社会に貢献できる人材が育つような地域づくりを私たちは目指しています。

子どもたちが、

Empowerment :自力を発揮し

Facilitate  :自らが支援者となり

Stimulate   :他者を励まし刺激でき

Development :コミュニティを開発、発展させることができる

“大人たちに育つ”ように見守ります。

 

 

C4C(シーフォーシー)は、日本国内やアジア各国の「子ども」、「保護者」、「地域住民」、「市民活動団体」、「専門機関」および「公的機関」などと協力・連携を築きながら、次の事業を行っています。

  1. アジア各国で、子どもたちが健全に成長発達することのできる地域社会づくりを目指す
  2. 活動や団体の支援
  3. 奨学金および学資援助等、子どもたちへの教育支援
  4. 子どもたちへの環境教育および地元の文化復興・継承の支援
  5. 課題の明確化、解決方法に関する調査研究
  6. 視察、研修、ワークショップなどによる交流と相互理解の促進
  7. 対象地域に関する各種情報提供事業
  8. 上記の事業に付帯または関連する事業